<< ソリの過ぎゆく道 : main : 閉じ込められたサンタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
クリスマスの朝に

特別なこともなかったイブは明けて
クリスマスの朝は
枕元にリボンの包みもない

 

今日の予定に慌ただしく準備する
そこに今朝は来ないと思ってた電話
君の声が最初のクリスマスプレゼント

 

 

街がどんな顔してたかなんて知らない
私は私の12月25日
ささやかな出来事だって宝物にできる
そんな小さなプレゼントももらったけど

 

一緒の気持ちになる時
「愛してる」の音色
それが最後のクリスマスプレゼント

 

 

 

 

JUGEMテーマ:クリスマス

 

comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
- : -
コメント
コメントする







トラックバック機能は終了しました。
トラックバック