<< 仮面専門店・Paper Moon : main : somnambulism >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
冬の夜

ふと窓辺に立つと
街は いつしかうっすらと雪化粧

 

雪の匂いもわからなくなっているのか

 

 

ピアノに向かっても
指先は あのソナタを忘れてしまった

 

もう 遠い遠い昔のような夢を
雪が静かにかくしてゆく

 

こんな寒い夜だから
忘れていたあなたの
あたたかい手を 想い出す

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ポエム

 

comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
- : -
コメント
コメントする







トラックバック機能は終了しました。
トラックバック